初詣合格祈願社労士試験

社労士試験必殺技 補強タイミング

初詣合格祈願社労士試験必殺技

初詣合格祈願社労士試験必殺技 補強タイミング

効果的なタイミングで補強する

他の科目が気になるという気持ちはわかります。
ちょっと試すだけ? のつもりが、いつのまにか30分・・・1時間・・・と時間を使ってしまう・・・。
これはずるずる行きそうだな・・・と感じたらすぐ、さっと本来すべき科目に、戻ることができればいいのですが、なかなかそうは決断できないものです。
パチンコで、もうすぐ出るかも・・・もうすぐ・・・と同じ台でねばって、あっというまに●万円すってしまう私ですから、その気持ち、よくわかります。
実は、わたしも3科目めの雇用保険のとき、試しに前の科目(労災)の問題を、やろうとしたことがあります。
恐いもの見たさですね。
だってもう、やる前から思ってました。
忘れてるだろうなーって。
で、本当に忘れていました。
驚きました。
忘れてるだろうと覚悟していても、やっぱり驚いてしまう自分にまたびっくり。なんて。
だけど問題は、ここで、どうするかです。
忘れている事実に気がついたら、あなたはどうしますか。
気になるので、時間をさいて確認しますか。
気にしないで、本来の科目に戻りますか。
わたしは、気にせず本来の科目に戻りました。
もしも、あなたが前の科目が気になって、計画どおりいかないのなら、ひとつ提案があります。

 前の科目は気にしない、と決めることです。
わたしは、決めました。
前の科目を気にしない、もう 過去は振り返らないと。
なんて、本当は、単に前の科目と並行して勉強する余裕がなかっただけなんですが・・・結果的に、正しかった。
なぜなら、このとき(3月)忘れていただけじゃなくて、6月も、やっぱり忘れていたからです。
つまり、今、この3月に、忘れかけた科目を、あたふた補強しても、やっぱりまた、忘れてしまうということなんです。
補強するのには、タイミングがあります。
どうせなら、効果的な時期に補強しようじゃないですか。
今は、本来の科目が、第1優先です。
第1優先科目に支障がでるようなことはしない。(と決めるのです)
言いかた悪いですが、どっちみちまた忘れます。
今は、余計なことはしない、試さない。
で、今やっている科目に全力をつかう。
今やっている本来の科目を、完璧にしていくことが一番大事です。
そして、いったん完璧に理解した科目は、もう後から、自分を試す必要がなくなります。
すると、効率もよくなるわけです。
「自分を試したい」というヘンな誘惑に負けないでください。



初詣合格祈願社労士試験必殺技ページTOPに戻る