初詣合格祈願社労士試験

社労士試験必殺技 模試で30点

初詣合格祈願社労士試験必殺技

初詣合格祈願社労士試験必殺技 模試で30点

模試で30点しか取れなかったら・・・

5月〜6月の早い時期に、模試を受けることは、非常に良いです!

5月〜6月の時点で、半分もとれなかった私(択一31点)だってちゃんと合格できましたから、大丈夫ですよ。
ただ・・・採点を、ちゃんとしてくださいね。
ちゃんと採点すれば、あなたは、これからの勉強の仕方がわかるはずですよ。

ひとつひとつ、間違った原因がありますよね。
───────────────
● 完全に忘れていたもの
▲ 記憶があいまいだったもの
■ 凡ミスもあれば
★ 超難問・奇問もある。
───────────────
これをひとつひとつ、テキストに戻って確認すれば、
          ↓
あなたが、どうして間違ったのかがわかります。
          ↓
間違った原因がわかれば、あなたは
          ↓
次回、間違わないための対策をすることができます。
          ↓
つまり、「勉強の仕方がわかる」ということです!

具体的にいうと、
● 完全に忘れていたものは、
→ たいして問題ありません。
単に、時間が経ってしまって忘れていただけなので、次回は必ず目を通しておき、得点できるようにすること。

▲ 記憶があいまいだったものは、
→ これこそ、要注意。
さっと流しただけじゃ、また間違う可能性大です。

いつまでも、横着しないで、いいかげん、覚える工夫をすることに真剣に取り組む。
図にする・ゴロをつくる・はり紙する。
何度も見直すこと。
優先的に見直せるように、スグわかるマークをつけておくこと。
■凡ミスは、
→ 軽くあしらわないこと。
これほど痛い1点はない。
なぜひっかかったのか、わかりますよね?
自分がひっかかりやすい傾向をつかんだら、それを書きとめておくこと。
試験前に、さっと目を通して、注意を喚起すると効果絶大。
極めて短時間でできます。やるべし。

★ 超難問・奇問は、
→ 一度は理解しておく。
でも、復習に時間をかけないこと。
次回から、時間をかけずに済むように、「超難問」「奇問」であることが、わかるようにしておく。

よいですか、
要は、『あとを残す』ことが大事なのです。
あなたの弱点がどこか、テキストを見れば、すぐわかるようになってますか?
短時間で、見直しできるようになっていますか?
繰り返し、見直せるようになっていますか?

ずっと記憶しつづけることはできません。
頭の中だけで、その場を済ませようとしないこと。
頭の中だけでなくて、テキストを整理しよう!



初詣合格祈願社労士試験必殺技ページTOPに戻る